日本の戦争の歴史をわかりやすく解説



▼1400年代まで
ヨーロッパの世界侵略開始以前まとめ

▼1400~1600年代前半
スペインとポルトガルの大航海時代/信長 秀吉 家康
 -コロンブスは何をやったのか
 -アジア初の植民地・フィリピン

▼1600年代中盤
オランダの台頭/江戸幕府、鎖国政策へ
 -鎖国とは?理由は?

▼1600年代後半~1700年代
イギリスとフランスの時代/江戸時代の平和

▼1800年代
アヘン戦争/黒船が来航、明治維新へ
 -明治維新とは

▼1894~1895年
日清戦争

▼1904~1905年
日露戦争
 -韓国併合(日韓併合)とは
 -第一次世界大戦とは

▼1941〜1945年
第二次世界大戦(太平洋戦争・大東亜戦争)
 -太平洋戦争 年表
 -日本の「アジア侵略」の実態
 -大東亜共栄圏とは・八紘一宇とは
 -大東亜戦争と太平洋戦争の違い・名称について
 -東京裁判とは、A級戦犯は何の罪で裁かれたのか
 -子供でもわかる「日本の戦争の歴史」
 -慰安婦問題・強制連行の実態について
 -戦後70年談話(安倍談話)とは
 -ミッドウェー海戦とは












 

日本の戦争の歴史
〜コロンブスの新大陸発見 から 原爆投下 まで〜





▼繰り返すべきではない「過ち」について
ご存知の通り、我々日本人の多くは戦後を通じて「戦前の日本は過ちを犯した」という認識を、大なり小なり持ち続けてきました。

その反動で、「いや、日本は過ちどころか良いことをしたのだ」という意見もありはしましたが、それはごく少数でした。


そんな認識のもと、戦後70年以上の年月が経ったわけですが、これから我々日本人は、いったいこの「過ち」とやらと、どのように向き合っていくべきなのでしょうか。

まず、そのような観点から「日本の戦争」を考察してみましょう。


▼そもそも我々はなぜそんなことを考えなければならないのか?
戦後これまで日本国民は、なぜ「二度と過ちを繰り返すべきではない」などということを考え、漠然とした罪悪感を感じなければならなかったのでしょうか?


その答えは意外と簡単です。

それはただ、日本が戦争に負けたからです。

もし、日本が最終的に、第二次世界大戦に勝利していたら、我々戦後を生きる日本人は「日本は過ちを犯した」「二度と過ちを繰り返してはならない」などという重苦しい罪悪感など、いっさい感じることはなかったでしょう。

事実、戦後を通じたアメリカの世論は、自国軍が広島と長崎に原爆を投下し、国際法に違反して何の罪もない市民を数十万人も殺傷したにもかかわらず、「アメリカは過ちを犯した」「こんな過ちは二度と繰り返すべきではない」などという罪の意識に満ちたものではありませんでした。(もちろんそういった少数意見もあったでしょうが…)

要するに、「戦争が終わった後は、勝った方が正義であり、負けた方が悪である」という、ただその乱暴な「戦争の論理」を、戦後の日本人もアメリカ人も、ひいては世界中の人々が、無意識に受け入れさせられてきたのが、「戦後」という時代だというだけの話なのです。

つまり、その認識が、戦勝国が作り出した、「世界における、世界大戦の終わった後(戦後)の社会通念」だったということなのであって、実際に第二次世界大戦の敗戦国(主に日本とドイツ)が人類史上、特別に際立ってヒドいことをしたというわけではないのです。


そう言うと、ヒトラー率いるナチス・ドイツの行ったユダヤ人への残虐行為(ホロコースト)も正当化しているように聞こえるかもしれませんが、決してそうではありません。

例えば、アメリカ合衆国が建国する際には、イギリスから渡ってきた「開拓者」たちがどれほどアメリカの原住民を虐殺したのでしょうか?

中南米では現在、ブラジルがポルトガル語を、それ以外の国々がスペイン語を公用語に採用していますが、それらが公用語になってしまった背景には、やはりスペインとポルトガルが原住民を激しい暴力で排除した歴史があります。

また、ヨーロッパ諸国が、アフリカから黒人を奴隷として各地に「強制連行」し、奴隷貿易などと呼ばれるような商売に利用した事実はどうなのでしょうか?


そのような、ホロコーストに引けを取らない歴史的な暴挙は、たった500年ほどの世界史に限定したとしても、枚挙にいとまがありません。

それらを直視せずに無視を決め込んで、なぜホロコーストばかりがまるで人類史上最も凄惨な事件であるかのように非難されるのでしょうか?

それもやはりただ単に、ドイツが第二次大戦の敗戦国だからです。


繰り返しますが、けっして、ヒトラーおよびナチスの行いを擁護しているのではありません。

ただ、戦後という時代は、ドイツや日本を「悪」に仕立て上げることで、それらを巧みに隠蔽してきたという事実を指摘しているのであり、我々日本人がそのようなものの見方をしていては、我々が繰り返すべきではない「真の過ち」が見えないと言っているのです。


では、繰り返すべきではない「真の過ち」とは何なのでしょうか?

そして、それを繰り返さないためにはどうしたらいいのでしょうか?



その問いの答えは、決して簡単に得られるようなものではありません。

が、少なくともその答えは、戦後我々が戦勝国の都合で植え付けられた「漠とした罪悪感」などによってではなく、どのような経緯で我々の祖先が戦争をするに至り、最終的に敗戦したのか、という「歴史的な事実」からしか得られないはずです。

その「過ち」をよく知らずに、その「過ち」を繰り返さないようにすることなどできないからです。

では、これからその「事実」を詳しく見ていきましょう。


▼1400年代まで
ヨーロッパの世界侵略開始以前まとめ

▼1400~1600年代前半
スペインとポルトガルの大航海時代/信長 秀吉 家康

▼1600年代中盤
オランダの台頭/江戸幕府、鎖国政策へ
 -鎖国とは?理由は?

▼1600年代後半~1700年代
イギリスとフランスの時代/江戸時代の平和

▼1800年代
アヘン戦争/黒船が来航、明治維新へ
 -明治維新とは

▼1894~1895年
日清戦争

▼1904~1905年
日露戦争

▼1941〜1945年
第二次世界大戦(太平洋戦争・大東亜戦争)



(C) 第二次世界大戦・太平洋戦争敗戦までの一部始終