大東亜戦争とは?太平洋戦争との違いは?わかりやすく解説



▼1400年代まで
ヨーロッパの世界侵略開始以前まとめ

▼1400~1600年代前半
スペインとポルトガルの大航海時代/信長 秀吉 家康
 -コロンブスは何をやったのか
 -アジア初の植民地・フィリピン

▼1600年代中盤
オランダの台頭/江戸幕府、鎖国政策へ

▼1600年代後半~1700年代
イギリスとフランスの時代/江戸時代の平和

▼1800年代
アヘン戦争/黒船が来航、明治維新へ

▼1894~1895年
日清戦争

▼1904~1905年
日露戦争
 -韓国併合(日韓併合)とは

▼1941〜1945年
第二次世界大戦(太平洋戦争・大東亜戦争)
 -太平洋戦争 年表
 -日本の「アジア侵略」の実態
 -大東亜共栄圏とは・八紘一宇とは
 -大東亜戦争と太平洋戦争の違い・名称について
 -東京裁判とは、A級戦犯は何の罪で裁かれたのか
 -子供でもわかる「日本の戦争の歴史」
 -慰安婦問題・強制連行の実態について
 -戦後70年談話(安倍談話)とは







 

▶1938〜1945年
⑧第二次世界大戦(太平洋戦争・大東亜戦争)





▼大東亜共栄圏とは
大東亜共栄圏とは、第二次世界大戦(大東亜戦争)前に日本が構想した、現在のEU(欧州連合)のような東アジアの共同体です。

大東亜戦争(太平洋戦争)は東アジアから、これらの地域を長い年月植民地化し、非人道的な搾取をし続けてきた欧米諸国を追い出し、大東亜共栄圏を築くために行われた戦争でした


当時、「八紘一宇(はっこういちう)」という標語が流行語になるほどよく使われましたが、これは「多様な世界を一つの家のように統一する」という意味で、天下統一という意味合いもありますが、天下の統一よりも、もっと人道的・道徳的な意味合いでの統一を表した言葉でした。

これはつまり、それまで東アジアで行われてきた欧米諸国による搾取が、あまりにも人道に反するものであったために生まれた標語だと言えます。


そして実際に、日本は東アジアから欧米諸国を一掃し、1944年に東京で大東亜会議という会議を開き、大東亜共同宣言を発表することで大東亜共栄圏を構築しています。

この大東亜会議には、日本のほか、 満州、中華民国、フィリピン、ビルマ、タイ、インドが参加し、各国の最高指導者が来日し、開催されました。

しかし、大東亜会議が開かれたときには、すでに大東亜戦争の戦局が悪化しかけており、以後日本は一方的に敗戦を繰り返すこととなったために第二回の大東亜会議は開かれることはなく、大東亜共栄圏も日本の敗戦によりはかなく潰えています。


このように、大東亜共栄圏は、実質的にごくわずかな期間しか実現しませんでした。

しかし、日本が東アジアから欧米諸国を追い払う以前は、それらの地域には政府が認められておらず、当然独自の軍備も持っていませんでしたが、日本はそれらの国々を占領すると同時に現地の政府と軍隊、ならびに様々なインフラ整備を行いました。

そして、それらの国々は、日本が全面降伏した後、再びそれらの国々を植民地化するためにのこのこ戻って来た欧米諸国と独立戦争を行うことができ、また、一度日本が欧米の国々を追い払う手本を見せていたために、以前のように簡単に屈服することはなく、現在のような独立を勝ち取ることができたのです。

それはひとえに日本の大東亜共栄圏という構想と、それを実現するための努力によるものと言えます。


ちなみに、大東亜戦争という名称は、この戦争が上記のように東アジアの解放と大東亜共栄圏の実現を目指した戦争だったことから付けられた名称でした。

しかし、戦後、アメリカによって大東亜戦争の名称は禁止され、代わって「太平洋戦争」という呼称が強制されました。

アメリカがこの名称を強制したのは、この戦争によって上記のように日本が東アジアの独立に貢献したという事実を隠蔽し、日本を、ただ身勝手に東アジアの人々に迷惑をかけた悪者に仕立て上げるためだったのです。



(C) 第二次世界大戦・太平洋戦争敗戦までの一部始終