アリストテレス


- INDEX -

哲学とは? 簡単にわかりやすく解説

〜西洋哲学〜
■古代
 タレス
 ピタゴラス
 ヘラクレイトス
 パルメニデス
 プロタゴラス
 デモクリトス
 ゴルギアス
 ソクラテス
 プラトン
 アリストテレス
 エピクロス
 ゼノン
■中世
 アウグスティヌス
 アンセルムス
 トマス・アクィナス
 オッカム
■近世
 ベーコン
 ホッブズ 
 デカルト
 パスカル
 スピノザ
 ロック
 ライプニッツ
 モンテスキュー
 バークリ
 ヒューム
 ルソー
■近代
 アダム・スミス
 カント
 ベンサム
 フィヒテ
 ヘーゲル
 シェリング
 ショーペンハウアー
 キルケゴール
 マルクス
 パース
 ニーチェ
 ジェイムズ
 デューイ
 フロイト
 ユング
■現代
 ラッセル
 ウィトゲンシュタイン
 カルナップ
 ポパー
 クーン
 ソシュール
 フッサール
 ハイデガー
 サルトル
 メルロ=ポンティ
 ヤスパース
 ホルクハイマー
 ハーバーマス
 アーレント
 レヴィナス
 レヴィ=ストロース
 フーコー
 ドゥルーズ
 デリダ
 リオタール
 ボードリヤール
 ロールズ
 ノージック
 ボーヴォワール
 サイード
 

スポンサーリンク





→アリストテレス






アリストテレス
Aristotles

ギルシャの哲学者/自然哲学
BC 384〜322
主著:『政治学』『形而上学』ほか



哲学の主な対象

世界・自然


人物
ギリシャ哲学は、タレスらによる自然哲学からソクラテス、プラトンを経てアリストテレスによって完成を見たと言われる。また、アリストテレスは哲学にとどまらずありとあらゆる学問に精通し、後の自然科学に多大な影響を与えた人物である。

アリストテレスはマケドニア王の侍医の息子として生まれ、幼少時は宮殿で育ち、その後17歳でアカデメイアに入門してプラトンの薫陶を受けた。

アカデメイアの心臓と呼ばれるほどの存在感を示し、教師としても活動し20年間を過ごしたが、プラトンの死後アカデメイアの後継者に選ばれなかったことからアカデメイアを去ったと言われている。

プラトンの生前は師として尊敬してはいたものの、たびたび意見が合わないことがあり、プラトンに意見することもあったという。

アカデメイアを去ってからのアリストテレスは当てないを離れ、イオニア地方で生物研究に没頭した。

この頃の研究が後の著作である『自然学』の完成に大いに役立ち、後の自然科学への影響を決定的なものにしたと言える。

その後アレクサンドロス大王(アレクサンドロス3世)の家庭教師となるも、のちにアテナイへ戻るとリュケイオンという学園を創設する。

そこで大半の著述を記す。著述内容は、哲学のみに収まらず政治学、宇宙論、天体学、自然学(物理学)、気象学など多岐にわたった。

また、リュケイオンは各種文献の収拾を行い、後の図書館の原型ともなった。

アレクサンドロス大王の死後、情勢悪化に巻き込まれたアリストテレスは母の故郷であるエウボイア島に身を隠すが62歳で病に倒れ病没する。

「哲学」の語源であるギリシア語の「フィロソフィア」は「知を愛する」という意味だが、これはアリストテレスが「人間は知を愛する」と考えたことから、彼の教えた学問全体を「フィロソフィア」と呼んだことから定着したものと言われている。


哲学・名言
アリストテレスの哲学は、師であるプラトンの「イデア論」への批判からさまざまな学説へと展開して行った。

プラトンは「イデア界」という抽象的な天上界の存在をその哲学の前提としたがこれを否定し、アリストテレスは、より現実的、実際的な哲学を打ち立てた。

アリストテレスは、「最高善」という「人生の終極目標」を求める行き方を理想とした。わかりやすくいえば、「幸福」を追求することである。

また、「幸福」のうちでも、「理性(ロゴス)」によって人生を選択し「宇宙の真理を知ること」に費やす生活が人間にとっての真の幸福であると説いた。(観想的生活)

アリストテレスは「万学の祖」と呼ばれるが、彼の確立した学問の数々は彼にとっての「最高善(幸福)」追求の過程に生じたものとも言えるだろう。


「エイドス」「ヒュレー」とは
アリストテレスは、現実に存在するすべてのものは「エイドス(形相)」と「ヒュレー(質料)」の2つが備わっていると言った。

これはプラトンが、現実に存在するものはすべて、「イデア界」という目には見えない世界に存在する「イデア」の模造品であると唱えた「イデア論」への否定として打ち立てられた理論である。

つまり、アリストテレスは、プラトンの「イデア論」の抽象性を否定し、より現実的なものの見方を提唱したということだ。







(C)哲学・思想・心理学