デューイ


- INDEX -

哲学とは? 簡単にわかりやすく解説

〜西洋哲学〜
■古代
 タレス
 ピタゴラス
 ヘラクレイトス
 パルメニデス
 プロタゴラス
 デモクリトス
 ゴルギアス
 ソクラテス
 プラトン
 アリストテレス
 エピクロス
 ゼノン
■中世
 アウグスティヌス
 アンセルムス
 トマス・アクィナス
 オッカム
■近世
 ベーコン
 ホッブズ 
 デカルト
 パスカル
 スピノザ
 ロック
 ライプニッツ
 モンテスキュー
 バークリ
 ヒューム
 ルソー
■近代
 アダム・スミス
 カント
 ベンサム
 フィヒテ
 ヘーゲル
 シェリング
 ショーペンハウアー
 キルケゴール
 マルクス
 パース
 ニーチェ
 ジェイムズ
 デューイ
 フロイト
 ユング
■現代
 ラッセル
 ウィトゲンシュタイン
 カルナップ
 ポパー
 クーン
 ソシュール
 フッサール
 ハイデガー
 サルトル
 メルロ=ポンティ
 ヤスパース
 ホルクハイマー
 ハーバーマス
 アーレント
 レヴィナス
 レヴィ=ストロース
 フーコー
 ドゥルーズ
 デリダ
 リオタール
 ボードリヤール
 ロールズ
 ノージック
 ボーヴォワール
 サイード
 

スポンサーリンク





→デューイ






ジョン・デューイ
John Dewey

アメリカの哲学者・教育学者
1859〜1952年
主著:『哲学の改造』『民主主義と教育』



哲学の主な対象

人間


人物
アメリカの哲学者ジョン・デューイは、プラグマティズム(実用主義)を代表する思想家である。

1859年に、アメリカのバーモント州バーリントン町であまり裕福ではない食料品店の三男として生まれたデューイは、学問的な実力を発揮し、名門バーモント大学に入学したのち、教師となった。

その後、心理学を学んだのち、シカゴ大学・コロンビア大学にて哲学教授となった。

デューイはことに教育の改善に強くこだわっていたと言われている。

そのため教育関係の研究活動を積極的に行い、のちに教育界の第一人者としてアメリカから称賛された。また現代教育の中でもたびたび耳にする、「問題解決学習」という方法を提案した。

デューイは日本の社会に非常に関心を持っていたと言われている。彼の教育活動は、第二次世界大戦後の日本の教育にも影響を及ぼしている。








(C)哲学・思想・心理学