ヤスパース


- INDEX -

哲学とは? 簡単にわかりやすく解説

〜西洋哲学〜
■古代
 タレス
 ピタゴラス
 ヘラクレイトス
 パルメニデス
 プロタゴラス
 デモクリトス
 ゴルギアス
 ソクラテス
 プラトン
 アリストテレス
 エピクロス
 ゼノン
■中世
 アウグスティヌス
 アンセルムス
 トマス・アクィナス
 オッカム
■近世
 ベーコン
 ホッブズ 
 デカルト
 パスカル
 スピノザ
 ロック
 ライプニッツ
 モンテスキュー
 バークリ
 ヒューム
 ルソー
■近代
 アダム・スミス
 カント
 ベンサム
 フィヒテ
 ヘーゲル
 シェリング
 ショーペンハウアー
 キルケゴール
 マルクス
 パース
 ニーチェ
 ジェイムズ
 デューイ
 フロイト
 ユング
■現代
 ラッセル
 ウィトゲンシュタイン
 カルナップ
 ポパー
 クーン
 ソシュール
 フッサール
 ハイデガー
 サルトル
 メルロ=ポンティ
 ヤスパース
 ホルクハイマー
 ハーバーマス
 アーレント
 レヴィナス
 レヴィ=ストロース
 フーコー
 ドゥルーズ
 デリダ
 リオタール
 ボードリヤール
 ロールズ
 ノージック
 ボーヴォワール
 サイード
 

スポンサーリンク





→ヤスパース






カール・ヤスパース
Karl Jaspers

ドイツの精神科医・哲学者
1883〜1969年
主著:『哲学』『哲学入門』『精神病理学言論』



哲学の主な対象

人間・哲学


人物
実存主義の代表格の一人としてヤスパースがいる。哲学者としてだけでなく、精神病理学、政治評論家など、多彩な面を持っていたと言われる。

1883年にドイツ帝国オルデンブルクに生まれたヤスパースは、幼いころに弁護士を目指していたが、大学では精神病理学と心理学を専攻する。しかしキルケゴールの著作を読み、強く感銘を受けたことから哲学を志すようになる。

ナチス台頭後、ユダヤ人である妻が強制収容所に送致されそうになるのを阻止するなど、情の深い人柄であった。戦後、ドイツの戦争責任について追及して波乱を呼び、ドイツに対する裏切り者とそしられたときは、深く傷ついたという。

ヤスパースは死や苦悩など人間が乗り越えることのできないことを「限界状況」と呼び、人間に限界状況が存在するのは、そう運命づけている「超越者」がいるからだと考えた。

ドイツ出版協会平和賞、エラスムス賞などの功績を得て、1969年に死去した。








(C)哲学・思想・心理学