ユング


- INDEX -

哲学とは? 簡単にわかりやすく解説

〜西洋哲学〜
■古代
 タレス
 ピタゴラス
 ヘラクレイトス
 パルメニデス
 プロタゴラス
 デモクリトス
 ゴルギアス
 ソクラテス
 プラトン
 アリストテレス
 エピクロス
 ゼノン
■中世
 アウグスティヌス
 アンセルムス
 トマス・アクィナス
 オッカム
■近世
 ベーコン
 ホッブズ 
 デカルト
 パスカル
 スピノザ
 ロック
 ライプニッツ
 モンテスキュー
 バークリ
 ヒューム
 ルソー
■近代
 アダム・スミス
 カント
 ベンサム
 フィヒテ
 ヘーゲル
 シェリング
 ショーペンハウアー
 キルケゴール
 マルクス
 パース
 ニーチェ
 ジェイムズ
 デューイ
 フロイト
 ユング
■現代
 ラッセル
 ウィトゲンシュタイン
 カルナップ
 ポパー
 クーン
 ソシュール
 フッサール
 ハイデガー
 サルトル
 メルロ=ポンティ
 ヤスパース
 ホルクハイマー
 ハーバーマス
 アーレント
 レヴィナス
 レヴィ=ストロース
 フーコー
 ドゥルーズ
 デリダ
 リオタール
 ボードリヤール
 ロールズ
 ノージック
 ボーヴォワール
 サイード
 

スポンサーリンク





→ユング






カール・グスタフ・ユング
Carl Gustav Jung

スイスの心理学者、精神医学者
1875〜1961年
主著:『心理学的類型』『心理学と錬金術』



哲学の主な対象

人間・心理学


人物
1875年、スイスのケスヴィルでドイツ系プロテスタント牧師の家庭に生まれる。

少年期は内向的な性格で、学校を登校拒否した経験もある。

祖父は名門バーゼル大学の医学部教授を務めており、ユングはその祖父と同じバーゼル大学に進学、そこで精神医学を学んだ。

在学中にゲーテやニーチェの著書に感銘を受け、後の自著にもこの2人に対しての言及が多く見られる。

大学卒業後はチューリッヒ大学付属ブルクヘルツリ病院に勤務、オイゲン・ブロイラーに師事する。

病院で様々な臨床試験を重ね、成果を上げることで精神科医局長へと昇進、出世の階段を上るも1909年にフロイトと出会いにより大学病院を辞め、個人診療に専念する。

フロイトとは一時蜜月の関係になるも、その後は考え方の違いにより袂を分かつ。

1948年には共同研究者達とユング研究所を設立。ユング派心理学の基礎を確立する。

自身が建造した「石の塔」にて死の直前まで分析心理学の執筆活動を続ける。

1961年キュスナハトの地において86歳で人生の幕を閉じた。







(C)哲学・思想・心理学