オッカム


- INDEX -

哲学とは? 簡単にわかりやすく解説

〜西洋哲学〜
■古代
 タレス
 ピタゴラス
 ヘラクレイトス
 パルメニデス
 プロタゴラス
 デモクリトス
 ゴルギアス
 ソクラテス
 プラトン
 アリストテレス
 エピクロス
 ゼノン
■中世
 アウグスティヌス
 アンセルムス
 トマス・アクィナス
 オッカム
■近世
 ベーコン
 ホッブズ 
 デカルト
 パスカル
 スピノザ
 ロック
 ライプニッツ
 モンテスキュー
 バークリ
 ヒューム
 ルソー
■近代
 アダム・スミス
 カント
 ベンサム
 フィヒテ
 ヘーゲル
 シェリング
 ショーペンハウアー
 キルケゴール
 マルクス
 パース
 ニーチェ
 ジェイムズ
 デューイ
 フロイト
 ユング
■現代
 ラッセル
 ウィトゲンシュタイン
 カルナップ
 ポパー
 クーン
 ソシュール
 フッサール
 ハイデガー
 サルトル
 メルロ=ポンティ
 ヤスパース
 ホルクハイマー
 ハーバーマス
 アーレント
 レヴィナス
 レヴィ=ストロース
 フーコー
 ドゥルーズ
 デリダ
 リオタール
 ボードリヤール
 ロールズ
 ノージック
 ボーヴォワール
 サイード
 

スポンサーリンク





→オッカム






オッカムのウィリアム
William of Ockham

イギリスの哲学者/スコラ哲学
1285〜1347年
主著:『Summa logicae』



哲学の主な対象




オッカムのウィリアムは1285年にイギリスのオッカム村に生まれた。生まれた村にちなんで「オッカムのウィリアム」と呼ばれることが多い。

フランシスコ修道会に入り、オックスフォード大学で神学を学んだあと再び会に戻り、若い修道士たちに教育を施すとともに、自身も研究に打ち込む。

「オッカムの剃刀」の名で知られる哲学を確立する。

小説『薔薇の名前』の主人公モデルとして知られているが、実のところどのような生涯だったのかははっきりしていない人物でもある。







(C)哲学・思想・心理学