パスカルの名言・哲学をわかりやすく解説 「人間は考える葦である」の意味は?


- INDEX -

哲学とは? 簡単にわかりやすく解説

〜西洋哲学〜
■古代
 タレス
 ピタゴラス
 ヘラクレイトス
 パルメニデス
 プロタゴラス
 デモクリトス
 ゴルギアス
 ソクラテス
 プラトン
 アリストテレス
 エピクロス
 ゼノン
■中世
 アウグスティヌス
 アンセルムス
 トマス・アクィナス
 オッカム
■近世
 ベーコン
 ホッブズ 
 デカルト
 パスカル
 スピノザ
 ロック
 ライプニッツ
 モンテスキュー
 バークリ
 ヒューム
 ルソー
■近代
 アダム・スミス
 カント
 ベンサム
 フィヒテ
 ヘーゲル
 シェリング
 ショーペンハウアー
 キルケゴール
 マルクス
 パース
 ニーチェ
 ジェイムズ
 デューイ
 フロイト
 ユング
■現代
 ラッセル
 ウィトゲンシュタイン
 カルナップ
 ポパー
 クーン
 ソシュール
 フッサール
 ハイデガー
 サルトル
 メルロ=ポンティ
 ヤスパース
 ホルクハイマー
 ハーバーマス
 アーレント
 レヴィナス
 レヴィ=ストロース
 フーコー
 ドゥルーズ
 デリダ
 リオタール
 ボードリヤール
 ロールズ
 ノージック
 ボーヴォワール
 サイード
 

スポンサーリンク





→パスカル






ブレーズ・パスカル
Blaise Pascal

フランスの思想家/実存主義の先駆者
1623〜1662年
主著:『パンセ』



哲学の主な対象

人間


人物
ブレーズ・パスカルは1623年にフランスのクレルモンにて税金の取り立てを生業にしていた親の元に生まれる。

学校と家庭内での英才教育を受けたが、特に父親は彼に期待をかけ、彼の教育のためにパリに移住するほど一家をあげてパスカルの教育に力を注いだ。

そのような父親によってパリの自宅には各分野の学者が多く出入りした事もあり、お互いの意見をぶつけ合っている大人達の仲に入り、自身の意見を述べる事もあったようだ。

そんなパスカルは16歳で幾何学の「パスカルの定理」を、23歳で圧力の原理である「パスカルの原理」を発見した。

台風発生時に天気予報で必ず耳にする「ヘクトパスカル」という単位は、この「パスカルの原理」によるものである。

また、19歳という若さで機械式計算機を完成させた。

租税徴収の仕事をしている父親を楽にさせる為に機械式計算機を完成させたと言われており、教育熱心だった父親の愛情を素直に受け止めたパスカルは、非常に父親思いの優しい性格であったようだ。

しかし、皮肉にもこの早熟の大天災は、勉強に全身全霊をさせ下過ぎたために自身の寿命を縮める事となり、39歳という短命で終わってしまった。


哲学
「パスカルの原理」で知られるパスカルの哲学は、その名言である「人間は考える葦である」の名言に集約されています。

「幾何学的精神」「繊細の精神」とは
パスカルは、世界が幾何学的な機会仕掛けのような論理で構成されているとしたデカルトの哲学を「幾何学的精神」と呼んで強く批判し、そのような論理や理性だけではなく、キリスト教的な愛を中心にした人間の心情に基づく精神の存在を主張し、それを「繊細の精神」と呼びました。

パスカルは著述の中で、デカルトのことを「ゆるすことができない」とまで強い調子で非難しています。


「人間は考える葦である」の意味
この名言は、非常に有名ですが、これは人間を二つの視点で捉えています。

まず、人間はそこらへんに生えている葦のように弱い存在であるといい、しかし人間には「考える」ことが出来る分だけ葦よりも尊いと言っています。

つまり、宇宙空間における人間の存在は非常にはかなくもろいものであるが、しかし人間は宇宙のことを考えることさえでき、「考える」という宇宙空間を包み込むほどの能力を持った存在である、という意味です。

人間の存在を葦に例えてはかなむと同時に、「考える」ということを非常に重要視し、尊んだ哲学者だったというわけです。

ちなみに、パスカルは、「気晴らし」というものを非常に忌み嫌ったと言われています。

「気晴らし」で誤摩化すのではなく、「考えるべきだ」ということのようです。







(C)哲学・思想・心理学