ロールズ


- INDEX -

哲学とは? 簡単にわかりやすく解説

〜西洋哲学〜
■古代
 タレス
 ピタゴラス
 ヘラクレイトス
 パルメニデス
 プロタゴラス
 デモクリトス
 ゴルギアス
 ソクラテス
 プラトン
 アリストテレス
 エピクロス
 ゼノン
■中世
 アウグスティヌス
 アンセルムス
 トマス・アクィナス
 オッカム
■近世
 ベーコン
 ホッブズ 
 デカルト
 パスカル
 スピノザ
 ロック
 ライプニッツ
 モンテスキュー
 バークリ
 ヒューム
 ルソー
■近代
 アダム・スミス
 カント
 ベンサム
 フィヒテ
 ヘーゲル
 シェリング
 ショーペンハウアー
 キルケゴール
 マルクス
 パース
 ニーチェ
 ジェイムズ
 デューイ
 フロイト
 ユング
■現代
 ラッセル
 ウィトゲンシュタイン
 カルナップ
 ポパー
 クーン
 ソシュール
 フッサール
 ハイデガー
 サルトル
 メルロ=ポンティ
 ヤスパース
 ホルクハイマー
 ハーバーマス
 アーレント
 レヴィナス
 レヴィ=ストロース
 フーコー
 ドゥルーズ
 デリダ
 リオタール
 ボードリヤール
 ロールズ
 ノージック
 ボーヴォワール
 サイード
 

スポンサーリンク





→ロールズ






ジョン・ロールズ
John Rawls

アメリカの政治哲学者
1921〜2002年
主著:『正義論』『公正としての正義』



哲学の主な対象

社会・正義


人物
『正義論』を著し、社会制度のルールを考えたのが、哲学者ロールズ。彼は社会契約説をよりどころとして、自由と平等の理論を示した。

1921年アメリカのメリーランド州に生まれ、大学はプリンストン大学に進んだ。戦時中は歩兵として東南アジア諸国を巡り、降伏後の日本にも占領軍の一員として訪れている。このとき彼は戦争の悲惨さを目の当たりにし、軍隊を退いた。

除隊後はプリンストン大学の哲学部博士課程に進み、その後マーガレット・フォックスと結婚する。
ロールズと彼女はともに、本の索引作成という趣味を持っていたと言われる。

ロールズは自由や所得、富などの公正な配分のあり方を「正義」と定め、公正な配分を実現するための方策を説いた。これらの主張は、現在でいうアファーマティブ・アクションの契機となっている。

晩年には発作を起こして歩行障害を患った。そして最後の著作、『諸民衆の法』を完成させ、2002年に死去した。








(C)哲学・思想・心理学