ソクラテスとは 名言「無知の知」とは 簡単に分かりやすく解説


- INDEX -

哲学とは? 簡単にわかりやすく解説

〜西洋哲学〜
■古代
 タレス
 ピタゴラス
 ヘラクレイトス
 パルメニデス
 プロタゴラス
 デモクリトス
 ゴルギアス
 ソクラテス
 プラトン
 アリストテレス
 エピクロス
 ゼノン
■中世
 アウグスティヌス
 アンセルムス
 トマス・アクィナス
 オッカム
■近世
 ベーコン
 ホッブズ 
 デカルト
 パスカル
 スピノザ
 ロック
 ライプニッツ
 モンテスキュー
 バークリ
 ヒューム
 ルソー
■近代
 アダム・スミス
 カント
 ベンサム
 フィヒテ
 ヘーゲル
 シェリング
 ショーペンハウアー
 キルケゴール
 マルクス
 パース
 ニーチェ
 ジェイムズ
 デューイ
 フロイト
 ユング
■現代
 ラッセル
 ウィトゲンシュタイン
 カルナップ
 ポパー
 クーン
 ソシュール
 フッサール
 ハイデガー
 サルトル
 メルロ=ポンティ
 ヤスパース
 ホルクハイマー
 ハーバーマス
 アーレント
 レヴィナス
 レヴィ=ストロース
 フーコー
 ドゥルーズ
 デリダ
 リオタール
 ボードリヤール
 ロールズ
 ノージック
 ボーヴォワール
 サイード
 

スポンサーリンク





→ソクラテス






ソクラテス
Socrates

ギルシャの哲学者
BC 469?〜399?
主著:なし



哲学の主な対象

人間


人物
著作が残っていないにもかかわらず、ギリシャ哲学における最重要人物に数えられる大哲学者である。

彼は主に弟子のプラトンの著作『ソクラテスの弁明』『クリトン』『パイドン』に登場するほか、アリストテレスなどの著作に登場することからその存在が裏付けられている。

ソクラテスはアテナイで生まれ、ペロポネソス戦争に数度、重装歩兵として従軍し生還した戦士でもあった。

また、その言動が浮世離れしており、裸足で外を歩き回るなど奇人としてもよく知られている。

ソクラテスの哲学は、主に他者との対話の形で残されているが、それはソクラテスがあるときアポロン神殿で「ソクラテス以上の賢者なし」との宣託を受けたことが契機になったと言われている。

ソクラテスは、その神託の意味するところに散々頭を悩ませたあげく、その真偽を確かめるために街に出て自分以上の賢者を探し出そうとしたのだった。

そしてその結果、自分以外の賢者たちは確かに賢いが、自分自身が賢いことを自任してしまっていること、しかしソクラテス自身は、自分が賢いとは思っていなかったこと(自分の無知を知っていたこと)から、「ソクラテス以上の賢者なし」という神託の意味を、「自分(ソクラテス)以上に自己の無知を熟知している者はいない」という意味であることを悟り、さらに「最大の賢者とは、自分の知恵が実際には無価値であることを自覚する者である」との解釈に至り、それを神の意志として出会った者たちに広く知らしめる(無知を悟らせる)ことを自らの責務と受け止めるようになった。(「無知の知」)

ソクラテスは生涯、そのようにして行われるに至った対話による啓蒙活動を、ソフィストのように報酬を受けることなく無償で行い、極貧生活にも耐え、家庭をも顧みなかったという。

ソクラテスという哲学者はつまり、アポロン神殿で受けた神の意志を尊重した「信仰」が活動の大本にあり、人間とは無知な生き物で、神の前には小さな存在なのだという古くからの神話を尊ぶ価値観の前提に立ちつつ、しかし神話に頼ることなく明晰な論理を用いて「人間はいかに生きるべきか」を説いた哲学者だったと言える。

そのような対話を繰り返すことで活動したソクラテスだったが、権力者たちの恨みを買い、理不尽な罪を着せられて死刑を宣告されてしまう。が、そのような不条理をも受け止めて潔く自ら毒人参の杯をあおって死んでしまうのだった。70歳の生涯だったと言われている。

また、妻のクサンチッペが悪妻で、ソクラテスの悩みの種だったともいわれている。


ソクラテスの哲学とその歴史的位置づけ
ソクラテス以前の哲学は、いろいろな自然哲学者たちが「世界・自然」がどのようなものであるかということを考え、ソフィストがそのような問題に対する講釈を高額の授業料をとって行うなど、一部の学者や政治家がたしなむための学問に成り果てていた時代だった。

そんな時代にあってソクラテスは、そのような学問としての哲学の領域を、より実際的に、「我々人間はどのように生きるべきか?」という身近な問題にまで押し広げて切り込み、哲学をより卑近なものにまで発展させた第一人者だったと言える。

つまり、ソクラテス以前の哲学では、世界や自然が主なテーマだったわけだが、ソクラテスが登場することで哲学の主題には「人間」が据えられることになり、これによって「ソクラテス以後」の時代を迎えることとなったのである。

そしてそれ以後、様々な哲学者によって「人間はどう生きるべきなのか」という問題がより深く踏み込んで論じられるようになって行ったのである。

ちなみにソクラテスの弟子には、プラトンやクセノポンをはじめとして複数の名前を挙げることができるが、ソクラテスは上記のような人物であったため、金銭を授受して正式な契約を結ぶなどということなどなく、分け隔てなく対話を行ったにすぎないため、弟子の側で自ら弟子を自称しているだけであるとも言える。

また、ソクラテスは上述の通り、プラトンらの著述からその人物像や哲学が認識されているため、著者の解釈が多いに介入している可能性があることから、本当のソクラテスの哲学を知ることはできないとも言える。(これを「ソクラテス問題」という)

ただし、偉大な哲学者であり、哲学を大きく発展させた人物であることには違いなく、哲学の入門者がまず学ぶべきはソクラテスからだと言えるだろう。


名言・キーワード
「無知の知」
「知徳合一」
「魂(プシュケー)への配慮」
「大切なことはただ生きるのではなく善く生きることだ」







(C)哲学・思想・心理学