トマス・アクィナス


- INDEX -

哲学とは? 簡単にわかりやすく解説

〜西洋哲学〜
■古代
 タレス
 ピタゴラス
 ヘラクレイトス
 パルメニデス
 プロタゴラス
 デモクリトス
 ゴルギアス
 ソクラテス
 プラトン
 アリストテレス
 エピクロス
 ゼノン
■中世
 アウグスティヌス
 アンセルムス
 トマス・アクィナス
 オッカム
■近世
 ベーコン
 ホッブズ 
 デカルト
 パスカル
 スピノザ
 ロック
 ライプニッツ
 モンテスキュー
 バークリ
 ヒューム
 ルソー
■近代
 アダム・スミス
 カント
 ベンサム
 フィヒテ
 ヘーゲル
 シェリング
 ショーペンハウアー
 キルケゴール
 マルクス
 パース
 ニーチェ
 ジェイムズ
 デューイ
 フロイト
 ユング
■現代
 ラッセル
 ウィトゲンシュタイン
 カルナップ
 ポパー
 クーン
 ソシュール
 フッサール
 ハイデガー
 サルトル
 メルロ=ポンティ
 ヤスパース
 ホルクハイマー
 ハーバーマス
 アーレント
 レヴィナス
 レヴィ=ストロース
 フーコー
 ドゥルーズ
 デリダ
 リオタール
 ボードリヤール
 ロールズ
 ノージック
 ボーヴォワール
 サイード
 

スポンサーリンク





→トマス・アクィナス






トマス・アクィナス
Thomas Aquinas

イタリアの哲学者・神学者
1225〜1274年
主著:『神学大全』



哲学の主な対象




人物
トマス・アクィナスは1225年にローマとナポリの中間の山城で生まれた。9人兄弟の末息子だった。

末息子は聖職者になるというのが当時の風習で、5歳になると修道院へ預けられる。

その後、ナポリ大学に進学し、アリストテレスの哲学を熱心に学んだとされている。

学業優秀だった彼は、周囲から伯父の後を継いで修道院の院長になるよう期待をかけられたが、卒業後、両親の期待をよそに中世初期の新しい修道会「ドミニコ会」へ入ってしまう。

激怒した両親に一旦は連れ戻され、監禁生活を送ることとなり、美女をあてがわれて色仕掛けで誘惑されるなど両親の策略に悩まされるが彼の意思は硬く、1年後にドミニコ会へ戻った。その後、晴れてドミニコ会の修道士となる。

1245年、生涯の師となるパリ大学神学部の教授と出会い、自身もパリ大学の教授となる。ここで主著となる『神学大全』を記す。

トマスは出逢う全ての人に強い印象を与えたと言われており、神の使いのような博士と呼ばれ、1274年に死去。

晩年はミサの最中に訪れた突然の心境の変化から、いっさいの著述活動を辞めてしまったという。







(C)哲学・思想・心理学